This Is New York (This is . . .)
This Is New York 

 出版社:Universe(2003年復刻版)
 初出:W.H.Allen / Virgin Books(1960年)



ニューヨークに来て購入した一冊目の絵本がこれ
ミロフラフ・サセック(Miroslav Sasek)作品『This Is New York』です。

チェコ・スロバキア出身のサセックさんの「This is ・・・」シリーズのニューヨーク編。表紙をみただけでも魅力が伝わってきますね。インテリアとして飾りたくなるほどです。映像や写真で紹介されるニューヨークもいいですけれど、サセックさんのイラストで、より魅力的に伝わってくるのです。街の空気感や、街の喧噪や香り、行き交う人のおしゃべりまでが伝わってくるようです。50年以上も前に描かれた絵本ですが、現在も全く色あせることがありません。絵本の力にも、ニューヨークの魅力にも、改めて気付かされる一冊です。

この絵本、私が紹介するまでもなくニューヨーク市内の書店では目立つ場所にディスプレイされていますし、美術館や博物館のショップなどにも置いてあります。もちろん、日本でも訳本を入手できます。その名もズバリ『ジス・イズ・ニューヨーク 』。翻訳者は「暮らしの手帖」編集長としても有名な松浦弥太郎氏ですから、それも魅力かもしれません。

実は私、この本をニューヨークで買う一冊目にすると決めていました。どうせ止められない絵本道楽(?)なら、大好きで、ずっと欲しかった本にしようと思っていたから・・・。そして、この絵本を開くときのわくわく感にあやかりたくて、当ブログのタイトルにも引用させていただきました。私なりの This is New York を沢山発見できるといいなぁ。